時計は目立たないアピールポイント!

時計によって個性を演出できる

現代の日本で流通している衣料とは、低価格カジュアルブランドを中心として、提供価格を抑えるためにもデザイン性を重視していないため、画一的なデザインの衣料が大量に流通しています。また、バッグはいつも身に着けているものではないほか、ジュエリーデザインも意外と画一的です。そんな中、腕に巻いて常時身に着けている形となる腕時計は、自分の個性をアピールするのに最適です。例えば奇抜なデザインの時計で芸術センスの良さをアピール、スポーツティーなダイバーズウォッチなどで爽やかさをアピール、格好良い機械式時計で大人っぽさを演出、など色々なアピールがさりげなく可能です。そのため、職場などで服装に細かい規定がある場合でも、ほんの少しだけ自分をアピールしたい場合は、時計の力を使うのが効果的です。

時計で個人の属性をアピールできる

腕時計とは、高くても数十万円までの物しか存在しない衣料と比較して、非常に価格帯が幅広い商品です。そして装飾品扱いのジュエリーは、シチュエーションによっては例えば装着していると嫌味な感じになってしまう場合もよくあります。それに対して腕時計とは元来日用品で時刻を確認するための商品なので、派手なジュエリーウォッチではなければ、基本的に高級品を装着していても嫌味な感じにはなりません。その特色を応用し、例えば、何らかの状況(商談,お見合いなど)により、自身がお金持ちである(資金力がある)ということが伝わったほうが明らかに都合がよい場合があったとします。その場合に、対話相手や周囲の人達に、自分の属性をさりげなくアピールするのに有効である場合があるのが腕時計というものの特長です。